2011年12月18日

自分でネットビジネスをやる時に覚えておきたいこと

失敗を恐れて前に進めず、同じ場所をウロチョロするのではなく、
最初に失敗を予定に組み込み、
失敗を予測された結果のひとつにすぎないものとして、
ひるむことなく失敗し、そこから学ぶことが大切です。#

月額制に加入させる「おりこうさん」と月額制に加入してしまう「おばかさん」

世の中には「利口な人」もいれば、「そうじゃない人」もいます。

両者は同じ景色を見ていても、見える景色は違います。

両者は同じ情報を得ても、見えるものが違います。

この「両者の違い」とはなんなのか?

この「両者の違い」を生み出している「違い」とは何なのか?

Difference make difference.

Think difference.

#

本当に塾生のことを考えた講師なら、やたらと継続をせまってくるはずがありません。

この6ヶ月で必要なことは全て教えたから、あとはインプットを遮断してアウトプットに専念しなよ!

と言うでしょう。

これが、良い講師です。

悪い講師は、やたらと次があるように見せかけて、やたらと継続時にはコンタクトを取ってきます。。。

まさに、あなたの頭に浮かんだ人物のようですね・・・。

He is not leader material.
(彼は指導者の器ではありません。)

#

アドセンスはアクセスを集める力は付きますが、販売力は付きません。

なぜなら、販売力がなくてもお金になるからです。クリックされればいいだけなので。

だから、コンサルなどはできないんですね。

もし、アドセンスアフィリエイターがコンサルをやっていたら、残念ながら、それは偽物です。。

というのも、どんなにアクセスを集めても、売れなきゃ意味ないからです。

売れないアクセスを1000集めても意味ないんです。

売れるアクセス1よりも価値は低いんですね。

アクセスが少なくても、売れればいいのです。

クライアントは販売数をアップしたいわけですから。

たとえるなら、テレビCMは多くの人に認知できますが、そのCMを見ても、買う人が少なかったら意味がありません。

大企業なら「広く存在を伝える」という目的を達成できるのかもしれませんが、中小企業や個人事業主にとってはほとんど意味がありません。

#

ビジネスの基本や「安く買って高く売る」です。

アクセスには無料のアクセスと有料のアクセスがあります。

・無料のアクセス:オーガニック検索からのアクセス

・有料のアクセス:リスティング広告で買うアクセス

リスティングでアクセスを買って、それより大きな報酬が上がれば、それは「安く買って高く売る」と同じことです。

利ざやを得ているわけですね。

#

facebookは人とのつながり。アムウェイで商品を売るようなもの。アフィリエイトは難しい。ただし、ホリエモンのように知名度も影響力も爆発的なら効果大。

「人とのつながり」という市場は強者が勝つ市場。弱者は勝てない。弱者が勝てる市場は検索エンジン。

#

自転車はパンクや修理などでもう一回来てもらえる。売りっぱなしじゃない。

セブンネットショッピングはセブンイレブン受取なら送料無料。

店に来てもらえば、ついで買いも誘えるし、何しろ、顧客の記憶に入れる。

売りっぱなしモデルはダメ。同じ人に何度も買ってもらえるモデルを作る。

だから、月額制にしている。

#

変な情報あさるなら、この本読んだ方がいいですよ!

史上最強の投資家バフェットの教訓―逆風の時でもお金を増やす125の知恵
史上最強の投資家バフェットの教訓―逆風の時でもお金を増やす125の知恵
posted by teacher at 18:23 | 日記