2012年11月07日

今後、消費者金融業界は復活し、テレビCMも増え、キャッシング利用者は増加する

この2つの記事を読んで、今後、消費者金融業界は復活すると思ったのは私だけでしょうか?

消費者金融に「明るさ」 CM復活、過払い金返還も峠越え

日銀の無期限金融緩和で上がる株は「不動産」「ノンバンク・消費者金融」だ!

数年前は見ない日はなかった消費者金融のテレビCMがある日からパタッと見なくなりました。

そもそも、消費者金融が業界が落ちた理由は、「過払い金の返還請求」「総量規制の導入」「グレーゾーン金利の撤廃」です。でも、「過払い金の返還請求」はだいぶ落ち着いてきたようですね。つまり、今後は利益率が良くなるということです。

「総量規制の導入」と「グレーゾーン金利の撤廃」は今後も続きますが、それ以上に今の日本はお金を借りたい人がどんどん増えているように感じます。

パナソニックは7650億円の赤字シャープは4500億円の赤字ソニーは1万人の人員削減(リストラ)と日本が世界に誇る大企業が利益を出せていません。

当然、給料は下がります。ボーナスも減ります。最悪の場合、クビです。

私の友達も部下を飲みに連れて行く時にキャッシングしたと言っていました。

年収1000万円を超えていた人が数年後には消費者金融から300万円の借金という事例もありますし。

今後、確実に消費者金融のテレビCMは増えるでしょうね。

映像というのは記憶に残るので、そのテレビCMを見た人の中には消費者金融の存在が大きくなります。

そして、お金に困った時に今まで手を出したことがなかったキャッシングに手を出してしまうということが起こると思います。

つまり、今後、キャッシングする人は増えると思うのです。

スペインやギリシャの様子を見ていると、数年後の日本ってこんな感じになっちゃうのかな?と思ってしまうのは私だけでしょうか?
posted by teacher at 10:21 | 日記